コンクリート構造物の診断技術

---※------※------※------※------※------※------※------※---

  • 当社では、コンクリート構造物の「塩害」「アルカリ骨材反応」について調査・診断から分析・対策工の提案までトータル技術で対応しています。この一貫したマネジメントによって、コンクリート構造物の劣化の要因と進行状況について高度な診断をすることが可能になりました。
    さらに、過去に実施した補修工事の効果が適正に現れているか、将来的に劣化がどのように進行するかなど、様々な視点からコンクリートの長寿命化のサポートをしています。

  • topics04_01.jpg

---※------※------※------※------※------※------※------※---

 

---※------※------※------※------※------※------※------※---

 

コンクリート構造物のトータルマネージメントについて

 

---※------※------※------※------※------※------※------※---

topics04_02.jpg

---※------※------※------※------※------※------※------※---

  • (1)調査

    構造物の劣化状況を把握し、過去の調査データや診断事例を基に効率的で適切な調査方法を提案・実施します。

    主な調査方法
    ・外観目視    ・たたき調査  ・赤外線調査
    ・含有塩分量調査 ・コア採取   ・かぶり調査
    ・はつり調査   ・自然電位調査 ・分極抵抗測定

  • topics04_03.jpg



---※------※------※------※------※------※------※------※---

  • (2)分析・試験

    充実した試験設備を備えた国内でも有数の試験研究室で、塩害アルカリ骨材反応についての高度な分析・調査を行います。

    topics04_btn.jpg

    主な調査方法
    ・EPMA(電子線マイクロアナライザー)観察・分析
    ・圧縮強度、静弾性係数試験 
    ・複合サイクル試験
    ・アルカリ骨材反応試験
    ・各種イオン量測定試験 等

     





  • topics04_04.jpg



---※------※------※------※------※------※------※------※---

  • (3)評価・検討

    点検・調査結果および分析・試験結果をもとに構造物の劣化要因を特定し、構造物の劣化の進行状況を判定します。

  • topics04_05.jpg

---※------※------※------※------※------※------※------※---

(4)対策工の提案

---※------※------※------※------※------※------※------※---

構造物の劣化グレードに対して、数種類の対策工法を選定します。その中から、工程・施工性およびLCC(ライフサイクルコスト)等の比較から対策工の提案を行います。

主な対策工法

表面被覆工法 防錆剤を活用した工法 電気化学的防食工法 断面修復工法
・コンクリート塗装
・浸透性塗膜
・埋設型枠
・防錆剤混入モルタル吹付け工法
・表面部断面修復工法
・電気防食工法
・脱塩工法
・複合防食工法
・グラウトモルタル工法
・吹付けモルタル工法
・増厚コンクリート工法

---※------※------※------※------※------※------※------※---

(5)追跡調査(モニタリング)

---※------※------※------※------※------※------※------※---

対策工の妥当性を正確に評価するため、構造物の劣化状況を継続的に調査・分析する方法についても提案・実施します。

 

---※------※------※------※------※------※------※------※---

豆知識

 

---※------※------※------※------※------※------※------※---

  • 塩害とは?

    塩害とは、コンクリート構造物に塩分が浸み込むことによって、中の鉄筋が腐食による膨張を起こし、構造物の内側からコンクリートを押し出してひび割れや剥離を引き起こす現象のことを言います。
    海水が付着しやすい海岸付近や、塩分を多く含む凍結防止剤が散布される積雪地帯で、特に発生しやすい現象です。

  • topics04_07.jpg

---※------※------※------※------※------※------※------※---

  • アルカリ骨材反応(アル骨)とは?

    アルカリ骨材反応とは、コンクリートの中に含まれる「水酸化アルカリ」と、骨材中の「アルカリ反応性鉱物」とが反応しあって、反応性鉱物が膨張することによりコンクリートにひび割れを起こす現象のことを言います。
    アルカリ骨材反応が起こることで、コンクリートの劣化が進行し、構造物の耐荷力の低下や寿命低下に繋がります。

  • topics04_06.jpg

---※------※------※------※------※------※------※------※---