企業情報

私たち中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋は、NEXCO中日本グループの一員として、
保全・点検を通じて、高速道路の「安全・安心・快適」をお客様に提供しています。

社長挨拶

img_president.jpg
代表取締役社長 
中村 武夫

 高速道路は、物流の大動脈として日本の社会経済を支える重要な役割を担っています。私たち中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋(株)は、NEXCO中日本グループの一員として、日々の保全管理や点検等の業務を通して安全で快適な高速道路空間を確保することにより、社会の持続的発展に寄与することを企業理念として掲げています。また、「安全性向上の不断の取り組みの継続」「技術の開発・向上・伝承」「経営基盤の強化」「社会及び地域への貢献」「社員の働きがいの向上」に努めていくことによって、この理念を達成することが出来ると考えています。

 そのために社員全員にお願いしているのが、活動のキーワード"5つのC"です。"5つのC"とは、お客さま(Customer)・継続(Continue)・変革(Change)・挑戦(Challenge)・快活(Cheerful)の頭文字をとったものです。

 具体的には、常に行動は「お客さま」目線で。保全管理や点検といった基本的な業務を確実に実施・継承し続けていく「継続」することの大切さ。時代の経過につれ変化する、高速道路をとりまく社会情勢や、私たちへの要望に対応するため持てる技術や、蓄積されたノウハウを最大限に活用し、良い方向へと「変革」していく前向きさ。それらの業務を命じられるのではなく、自ら発案をし、その目標や夢の実現に向けて邁進する等、受身ではなくどんどん「挑戦」する主体性をもつこと。そして元気さ・明るさをもって、社内の活気横溢・和気洋々とした「快活」な会社であること。

 これらのキーワードを社員一人ひとりが心に持ちながら、夢大きく、明るい将来を目指し、私たちはお客さまと自身のために頑張っています。

企業理念

 私たちは、全ての行動と判断をセーフティ・ファーストで行い、常に革新と挑戦を続け、経営基盤である技術力を活かし安心で快適な高速道路空間を確保することにより社会の持続的発展に貢献します。

経営方針

  • 安全性向上の不断の取組みによる安全な高速道路の実現
  • 「道のドクター」としての技術の開発・向上・伝承
  • 会社の持続的成長を見据えた経営基盤の強化
  • 社会および地域に貢献することによる信頼の確保
  • 会社を支える社員の働きがい向上
会社案内道路
PAGETOP