維持・保全業務

維持・保全業務とは、構造物の長寿命化を目的とした技術・サービスです。
様々な視点から構造物の劣化状況を調査・分析します。

維持・保全業務

FWD測定車による舗装健全度評価

多層弾性理論を用いて舗装の寿命を的確に判断し補修作業に繋げます。

概要
FWDとは

FWD(Falling Weight Deflectometer)は、重錘を路面に落下させて衝撃を加え、その時に発生する路面の「たわみ量」を複数のセンサーで測定することによって路面の舗装状況を調べるものです。

FWD測定車によって得られる成果
  • 舗装健全度評価を非破壊で実施し、補修深さを推定できます。
  • アスコン層の弾性係数をE1、路床のCRB、残存等値換算厚TAOを求める事ができ、舗装の構造的な評価をすることができます。
  • 多層弾性理論を用いて、舗装の寿命を推定します。
開発目的

道路の舗装の損傷状況を詳細に調査し、適切な補修を行うことができるように開発されました。

特徴
効率的な測定が可能

1か所を約1~3分程度で測定できるため、1日に100か所以上の測定ができます。

その他
FWD測定車の載荷装置

FWD車載装置.jpg

この製品・サービス・技術についてご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP