私たちは、高速道路の保全点検業務を行う「道のドクター」です。

人の健康づくりに予防や治療が必要なように、道の健康にも点検やメンテナンスが欠かせません。
私たちは、NEXCO中日本グループの一員として管内の各高速道路の保全点検・管理を行う、いわば「道のドクター」。
土木、機械、電気、通信、建築、造園など各分野のスペシャリストが、高速道路の安心・安全・快適をトータルに支えています。

快適な道路環境を維持するため、さまざまなフィールドで保全点検や調査、工事管理を行っています。
業務におけるあらゆる行動や判断の基準は「セーフティ・ファースト」(安全第一)にあります。

土 木

Civil Engineering

高速道路の骨格となる、舗装、橋梁、トンネルなどの保全を行っています。異常を早期に発見するため日常点検を実施するほか、各種データを蓄積・解析し、計画的、効率的な補修工事を提案します。
保全工事を行う際は、NEXCO中日本が定める基準を満たしているかチェックを重ね、徹底して品質を管理します。

施設(機械・電気・通信)

Facility Engineering

情報板、道路照明、ジェットファンなど、高速道路を利用するお客様が直接目にする機器から、自家発電設備など、もしものときの設備、またこれらの設備に安定した電力を供給する受配電設備など、高速道路上の各種設備の保全を行っています。
またETC、VICS(道路交通情報システム)、非常電話、ハイウェイラジオ、トラフィックカウンターなどの通信設備と通信ネットワークの保全も担っています。 さまざまなニーズに柔軟かつスピーディに対応するため、機械系、電気系、通信系それぞれの専門知識・技術と、それらの連携が欠かせません。

建 築

Architectural Engineering

料金所や管理事務所、SA・PAの休憩施設など、高速道路上にある建築物の保全を行います。
特にトラブルを未然に防ぐ「予防保全」に力を入れており、目視・触診に加え、赤外線カメラやセンサーなど最新機器を駆使した点 検を行って、ライフサイクルコストの最小化を考慮した補修対策を提案します。

造 園

Landscape Engineering

ドライブシーンをより豊かなものにするために、また高速道路周辺の生活環境保全のために、植栽・植生を行っています。
日々の点検や剪定作業のほか、地域の自然環境や生態系に配慮した長期的な緑化計画・設計なども行います。

PAGETOP