先輩の声VOICE OF SENIORS

菅安 唯YUI SUGAYASU

安全・快適に走行できる「あたりまえ」をサポート。

区分
建築
部署名
桑名道路事務所 施設保全課
氏名
菅安 唯
入社年度
2012年度
最終学歴
理工学部 建築学科

入社のきっかけ

大学で、安全性・機能性・経済性を重視した建築や空間づくりについて学ぶ中で、将来は公共施設に関わる仕事に就きたいと考えるようになりました。 当社を選ぶきっかけになったのは、インターンシップに参加したこと。高速道路という大規模インフラの保全に携わるという仕事自体にはもちろん、社内の和やかな雰囲気にも惹かれました。

業務内容は

高速道路は、道路だけで成り立っているわけではありません。見えるところでは照明設備、換気設備といった機械設備がありますし、見えないところではETCシステム、防災システムなどの情報システムが稼働しています。重要な設備を収容する建物や、快適な走行を支える管理施設もあります。こうした多くの建築物や設備が、私たちの厳しい目によって点検・手入れされているわけです。 その中で私自身は、インターチェンジ付近にある料金所・管理施設や、皆さんもお馴染みのサービスエリア・パーキングエリアのお手洗いの維持修繕業務に携っています。 ひとことで言えば、建物を健全な状態に保つ仕事です。建物の点検を行い、その結果をもとに補修計画を立て、安全かつ効率的に補修工事を行っていきます。

今後の目標について

知識と経験が自分の成長に繋がる仕事です。 たとえば、どこか1ヶ所で不具合が見つかったときも、知識と経験があれば、他の箇所への影響や、潜在的な問題が想像できるようになります。 より広範な建築の知識を身につけ、さまざまな現場を経験することで、安全で安心で快適な高速道路の利用をお客様に提供したいです。

髙柳 浩之HIROYUKI TAKAYANAGI

多様な現場に対応できる、幅広い技術を身につけたい。

区分
施設
部署名
富山道路事務所 施設保全課
氏名
髙柳 浩之
入社年度
2016年度
最終学歴
高等専門学校 電気工学科

入社のきっかけ

私が就職活動を行っている際、高専の卒業生である先輩がリクルーターとして会社説明に来て下さいました。その先輩は私と同じ学科の出身だったのですが、仕事のやりがいや良い点だけではなく、大変なこと、苦労することについても具体的に話していただいたことで、業務に共感や興味を持てました。 その後、何度か連絡を取らせていただく中で、実際に受配電設備の点検の様子を見学する機会もあり、職場の雰囲気や業務内容がぐっとリアルになりました。そうやって、自分自身がこの会社で働く姿がイメージできたことが、入社の決め手になったと思います。

業務内容は

現在は、金沢支店富山道路事務所の施設保全課に所属し、管内の電気設備の保守・点検業務の担当をしています。 現場で設備と向き合う仕事です。高速道路上にある道路照明や道路情報板、速度規制標識などの各電気設備の定期点検を行うほか、故障等の緊急時の対応など、場合によっては夜間に作業することもあります。お客様により快適に高速道路をご利用いただくための安全確保はもちろん、自分たちの業務においての安全も含めた「安全第一」を常に心がけています。

今後の目標について

当社の業務管内は広く、道路延長は約1200kmにも及び、各道路事務所によってトンネルの多い地域や沿岸部、都市部など地域特性が変わるため、高速道路設備にもさまざまな特徴が見られます。 まずは富山道路事務所の設備に対する技術力を身につけること。そして次の段階として、多様な環境・条件の現場に通用する幅広い対応力を身につけたいと思います。また、当社では人材育成制度が充実しているので、技術の証として多くの資格の取得を目指していきます。

早坂 知恵CHIE HAYASAKA

「生物」の観点から高速道路を守る仕事をしたい。

区分
造園
部署名
道路点検部 植栽点検課
氏名
早坂 知恵
入社年度
2017年度
最終学歴
応用生物学部 環境生物科学科

入社のきっかけ

幼いころから生物に興味があった私は、「自然」に関係のある仕事に就きたいと考えていました。 当社のことを知ったきっかけは、大学の研究活動です。それまでは高速道路の会社=土木のイメージが強く、生物とは無縁だと思っていたのですが、高速道路でロードキルされた中型哺乳類の研究を行う中で、高速道路の会社で生物に関わることができると知り、興味を持ちました。さらに実際に会社説明会や選考を受けていく中で、会社の雰囲気、特に女性が働きやすい環境づくりに力を入れているところに惹かれ、入社を決めました。

業務内容は

現在は主に高速道路上の植栽を対象にした点検業務を行っています。 休憩施設では潤いある緑地を形成し、本線ではお客様の安全・快適な走行を支えるのが植栽の役割です。SAやPA、ICなどでは、その機能を十分に果たしているかを生育状況から判定します。加えて本線では、生育している樹木が安全走行の妨げにならないかを点検します。この業務では、どんな小さな異常も見逃さないということ、そして何年も先を見据えて管理することが重要になります。 現場での作業は大変なこともありますが、四季折々の美しい景観と、お客様の安全を守っているということに大きな責任感とやりがいを感じています。

今後の目標について

私自身、まだ樹木についての知識が足りないので、点検の際に迷うことがあります。そのため、現場で見つけた樹木の種類や特徴を自分なりにまとめたりして勉強しています。 今後はより多くの知識と技術を先輩方から学び、一人の点検員として自立することを目標に取り組んでいきたいです。また、業務に生かせる資格取得に力を入れていきます。

重原 大二朗DAIJIROU SHIGEHARA

「成長したい社員」がいて、「成長をサポートする環境」がある。

区分
土木
部署名
技術開発部 長寿命化推進課
氏名
重原 大二朗
入社年度
2012年度
最終学歴
大学院 自然科学研究科 社会基盤工学専攻

入社のきっかけ

私は入社前に3ヶ月間の長期インターンシップを通して、事前に会社の様子を知ることができました。担当の方は厳しく、学生気分をしっかり叩き直して頂き、また社内の雰囲気が大変明るいところが印象的でした。また、自己研鑽に努める社員の姿も多く見かけ、個人のスキルアップに対する会社のサポート環境が整っている会社とも感じました。そして、学生時の研究テーマが道路構造物に関わるものであったことから、高速道路の維持管理に携わる中日本エンジ名古屋への入社を決意しました。

業務内容は

高速道路の土木構造物に発生した損傷の中でも、損傷発生のメカニズムや対策方法がまだ明らかになっていない事象があります。私はこのような事象を明らかにするための調査・研究・分析を行う業務を担当しています。 具体的には道路橋の大遊間仕様の伸縮装置の疲労損傷、また道路情報板支柱の疲労損傷などの事象があります。これらの事象に対する現存する構造物の耐久性評価や損傷メカニズムの解明、補修・補強方法の評価、各種要領案の作成を行う内容になります。

今後の目標について

中日本エンジ名古屋はとにかくスキルアップ、自己研鑽に対する職場環境が整っており、大変理解がある会社です。これまでも複数の資格取得、講習会への参加、論文の投稿などを行うことができ、これらを継続するための社内制度や職場環境に対して満足しています。具体的な目標としては、これまでの業務経験を活かして技術士の資格取得を目指したいと考えています。また、グローバルな業務に対応できるよう英語力も身につけたいと考えています。

加納 友菜YUNA KANOU

私の仕事は、暮らしや経済を支えることにつながっている。

区分
事務
部署名
総務部総務課
氏名
加納 友菜
入社年度
2010年度
最終学歴
経営ビジネス科(専門学校)

入社のきっかけ

事務職で、安定していて、休みがしっかりとれるという視点で就職先を検討していて、「良さそう」と思ったのが当社でした。 きっかけはそんな気軽なものだったのですが、説明会に参加したところ「この会社で働きたい」という積極的な気持ちが芽生えてきました。 高速道路は人の移動手段であるだけでなく、物流など日本の経済も担っています。私自身は道路の点検や修理はできませんが、そういった業務に従事する社員を支えることはできます。遠い延長線上であっても、自分の仕事が人々や国のためになるのなら、「私ってすごいことしてるんじゃないの!?」と思える気がして良いな、と想像を膨らませたことを覚えています。

業務内容は

役員の予定管理や調整、全社員の総労働時間や休暇日数の管理、社内イベントの運営、各業種の許可申請など、担当している業務は多岐にわたります。 一日の流れは、メールチェックに始まり、ルーティンワークをこなしながら、社員からの問い合わせの対応やその他の業務を行なう、という感じです。届いた郵便物を各社員に配布したり、会社が業務を請け負う上で欠かせない許認可申請を行なったり…。細かく挙げればキリがないですが、どんな業務もすべて社員のためにあると考えています。

今後の目標について

仕事をする上で、労働基準法や労働契約法など法律の知識が必要となる場合があります。今の私には足りない部分なので、スキルアップの第一歩としてワークルール検定の受検を考えています。条件を満たせば資格取得に係る費用は会社に負担してもらえるんですよ。 また、学生時代にずっと英語を勉強していたので、英会話スクールにも通いたいですね。

PAGETOP