トータルマネジメントによる保全管理の紹介

日々の点検業務を通じて、道路や構造物・施設設備の状態をしっかりと把握・分析。
それぞれのライフサイクルコストを考慮し、計画的な保全管理を実施することで、安全・安心、
そして快適な道路環境を守り続けています。

  • 路面・構造物・
    施設諸設備の
    健全度・
    作動点検
  • データ解析、
    段階補修検討
    効果的対策提案
  • 修繕計画、雪氷データ収集
    環境影響・道路機能・
    施設設備調査
  • 雪氷対策・データ収集
    関連機器の研究開発、
    技術提案
  • 工事の施工・品質・
    安全管理及び指導
    施設設備事故
    復旧工事

保全点検

土木業務では、路面や道路施設の点検をはじめ、橋梁・トンネル・のり面などを詳細に点検し、経年変化や変状を把握し評価・判定・データ作成を行っています。
施設業務では、施設諸設備(トンネル諸設備・電気設備・情報板など)の健全度を確認し、作動点検を行っています。
保全管理の基礎となる点検作業だからこそ、入念に、そして計画的に実施します。

データ整備・分析

保全点検の結果として、道路や施設設備の状況に関するデータが集積されます。これを活用し、それぞれに必要な補修や施策を検討・提案します。
また、交通量や事故・通行止めの形態・要因を分析し、渋滞対策や交通事故対策を立案します。

調査・設計

各種データ分析に基づいて、高速道路がより機能的で便利なものになるよう、様々な課題に対して、長年培ってきた保全技術のノウハウを活かし、舗装や橋梁の追跡調査や修繕検討、施設諸設備の更新設計などを実施します。

研究開発

安全・快適な高速道路の走行を確保する点検作業やデータ集積、調査・設計には技術者の高いノウハウが欠かせません。
業務を実施する中での気づきや、効率化を図るための工夫を行う中で、広く世の中に役立つ、新たな製品・技術が生み出されていきます。

工事管理・施設保全工事

円滑で快適な道路空間環境を確保するとともに、将来的な維持管理コスト削減を目指して、中部・北陸エリアに適した工法・施工検討を行い、経済的で品質の高い高速道路づくりを行います。
経年劣化や環境が要因の損傷への対応だけでなく、高速道路上で発生するあらゆる事故の際の緊急工事も行います。安全・安心で快適な走行環境を維持するために、24時間365日出動できる体制をとっています。

PAGETOP