事業活動のあらゆる場面で環境に配慮し、行動しています。

地球規模の環境の保全、そして身近な地域の自然環境の保全は、事業活動を行う企業の責務です。
私たちは、NEXCO中日本グループの環境方針のもと、ISO14001(環境マネジメントシステム)を活用した継続的な環境保全活動に取り組むとともに、社員一人ひとりの自発的なアクションを促しています。

環境保全への取り組み

地球温暖化の防止に向けた取り組み

省エネルギー活動を中心にCO2削減に取り組み、各自治体から以下の認定・登録を得ています。


●エコ事業所認定(名古屋市)
事業活動において環境に配慮した取り組みを自主的かつ積極的に実施している事業所を名古屋市が認定する制度です。
認定事業所:本社、名古屋支店
認定年月日:平成24年7月3日
認定番号:本社 01372 名古屋支店 01373
エコ事業所認定 img_environment02L_02.jpg
自然環境の保全に向けた取り組み

生物多様性に配慮した事業活動や社会貢献活動を行っています。

●ギフチョウ生息環境改善
東海北陸自動車道の建設によりギフチョウの生息環境が変化した富山県南砺市城端地区では、地元住民らが「ギフチョウの里づくりの会」を立ち上げ、ギフチョウの卵を採取し成虫を自然界に放つ「放蝶会」などの活動を行っています。
当社は2011年より、独自の取り組みとしてギフチョウの生態環境調査を実施しており、近年は放蝶会時に調査結果の報告も行っています。


ギフチョウ生息環境改善
ギフチョウ生息環境改善
●ホタルの放流
北陸自動車道の有磯海SAでは、お客様への癒しの提供や環境学習の場づくりをコンセプトに、「ホタルが棲めるビオトープ」を整備しています。ホタルの人工飼育に取り組んでいる地域の小学校の協力を得て、2011年から毎年ホタルの放流を続けています。
ホタルの放流
ホタルの放流
環境対応製品の開発

環境に配慮した製品や技術の開発を推進しています。

●無電自動ドア ミーモ
踏板にかかる体重を利用して開閉する、電気を使わないエコ・ドアです。踏板に乗れば確実に開閉するため、駆け込みによる衝突も高い確率で防止できます。また、一般的な電気自動ドアと異なり、CO2排出量がゼロで環境にやさしい製品となっています。
●無電自動ドア ミーモ
●無電自動ドア ミーモの仕様
●トンネル照明リユースによるLED化
トンネル照明は、ナトリウムや蛍光灯から環境配慮型のLEDへの切り替えが進んでいますが、灯具・ケーブルなどの更新が必要で、高額な費用を要することが課題となっています。
当社では従来型の照明の筐体を再利用し、内部部品を入れ替えることで、低コストでトンネル照明のLED化を実現する技術を確立しています。
トンネル照明リユースによるLED化
トンネル照明リユースによるLED化
PAGETOP