維持・保全業務

維持・保全業務とは、構造物の長寿命化を目的とした技術・サービスです。
様々な視点から構造物の劣化状況を調査・分析します。

維持・保全業務

コンクリート構造物の診断技術

塩害・アルカリ骨材反応の調査・診断から分析・対策工事までのトータルマネジメントを提案します!

概要

現地調査から分析試験、診断評価、補修工法提案、追跡調査まで、コンクリート構造物の管理をトータルでお手伝いいたします。

開発目的

コンクリート構造物の長寿命化を追求するためのノウハウを蓄積・活用することで、トータルマネジメント手法を提案いたします。

特徴
効率的・迅速に実施
  • 構造物の損傷状況を把握し、過去の調査データや診断事例を基に、効率的かつ適切な調査方法を提案・実施
  • 試験研究室(金沢)による充実した試験設備により、コンクリートに関する様々な分析・試験を実施
  • 試験データに基づき、精度の高い診断・評価を実施
経済的・工期短縮
  • 劣化グレードに応じて、経済的な対策工を提案(経済的な対策工は、コストのみならず工期短縮、環境負担の軽減も考慮し提案)
主要諸元
電子線マイクロアナライザー 【EPMA】
  • 定量分析
  • 電子顕微鏡に波長分散型(WDS)およびエネルギー分散型(EDS)を装備
  • 元素マッピング
その他
現地調査 外環目視、たたき調査
赤外線調査
かぶり調査
はつり調査
含有塩分量調査(ドリル法)
コア採取
自然電位測定
分極抵抗測定
分析試験 圧縮強度、静弾性係数試験
複合サイクル試験
アルカリ骨材反応試験
電位差滴定法
イオンクロマト法
原子吸光度法

この製品・サービス・技術についてご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP